« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »

2010年9月19日 - 2010年9月25日

2010年9月25日 (土)

【速報】 白馬山荘日記 ランキング第一位獲得!(一瞬でもいい、うれしー!)

今朝のブログを書いていて、更新ボタンを押したら、吹っ飛んだ。

                                                     .

ムキーーーーーーーーーーッ!

の、しろぷーです。

結局、もう一回書き直し。で、無事に更新して、昨日あまり眠れなかったから

お昼寝をして、受付へ戻ったら。

登山ジャンルのランキングが、第一位にーーーーーッ!

                                                  .

キャーーーーーーーーーーッ!!

                                                   .

すごーーーい!

これもひとえに、皆様のお蔭そのものです。

だって、山に行く前は、ネットでいろいろ調べたりしてチェックしても

山から帰ったら、見なくなるもの。

現実の忙しい毎日に追われ、ブログなんてチェックしなくなるのに。

たくさんの方に読んで頂けて、しみじみとうれしいです。

                                                   .

モ:『あ。今日は、もんきち先生ネタだね!』

と、これまた同じくお布団の中から、携帯でブログをチェックしていたモモちゃんにも。

白馬の山に来てくれた、お山のお友達にも。

極めてリアクションの薄いお母さんにも、報告しなくっちゃーーーーー♪

もちろんワタシ的には一番好きなネタをいつも提供してくれる、なかまっきーには報告済♪

(でもアルコール入ってないから、リアクションいまいち薄し・笑)

皆様、本当にありがとうございます。

白馬山荘で、ブログ書き続けてよかったなって思っています。

-------------

今朝の気温:1・5度。

最低気温 :0.8度。

冬の寒さです。でも空は高く、台風もそれて綺麗な秋空です。

また写真をまた載せますから、秋の白馬をご覧くださいね。

(今日は綺麗な夕景が撮れるといいな~♪) 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ここをポチッと。これからもポチッと。よろしくお願いいたします!
にほんブログ村

白馬山荘日記 鑓温泉で浸水事件。

モモちゃん、いわもっち、しろぷーの3人で
雨の中、杓子のトラバースを歩いていた時の会話。

                                                .

モ:『先生、富山県側が寒いですっ!』

し:『ハイッ!富山県側が寒いです!』

い:『ーーーーーーー(無言)。』

皆様おぱよう、しろぷーです。

そう、風は富山県側から吹くことが多く。
白馬から出発して、ずーーーっと雨風の当たる右側の
ほっぺ・右手が冷たくて痛い。
(でも、いわもっちは無言。)

海からの風がきつくて、富山側の山の傾斜はこうなっているの?
(で、長野側は全部断崖なの?)

0916_18_2

白馬山系の山は、何故か富山県側がなだらかで長野県側は断崖に

なっています。何でかな~。

なかまっきーに聞いてみよ~。(←私にとって、フクロウおじさん♪)

                                                     .

---------------

先日、私が鑓温泉に行った時の話。

鑓温泉からの景色も、お湯も最高。
ハイテンションしろぷーは、一人もうご機嫌でした。

   
                                             .

話変わって。

しろぷーの大好きな、このおさるのぬいぐるみ。

0914_24_2
子供の頃から おさるみたいな顔で、木登りが大好きで干支も申年な私は、
このキャラクターがお気に入り。

そしたらある時、姉が買ってきてくれて。
上手に山に登れて、無事に帰ってくれるようにと
お守りとして、いつもザックにつけています。

し:『そだっ! もんきち先生も、お風呂に入れてあげよう!』

と、名案を思いついちゃた私flair

                                                   .

素敵なショットじゃないですか~。(もんきち先生もご満悦!?)

0923_2_2

なぁ~んつって、調子に乗って撮り続けていたら・・・・

                                                 .

木桶の小さな穴から、お湯が浸水。

でも、私はこの時全く気づかず。

                                                  .

撮り続ける(調子にのって)。

0923_3_2                          ↑(お尻が濡れてる~sweat01

撮り続ける。

0923_4_2                             (↑かなり濡れてる。)

この時になって、ようやくもんきち先生が濡れている事に気づいたワタシ。

                                                     .

し:『ややっ!もんきち先生が溺れているsweat01 』

写真なんか撮っている場合じゃない!助けねばっ!!

                                                     .

で、何とか救助された もんきち先生。しろぷーのバスタオルにくるまって。

0923_5_2

幸い濡れは、お尻だけですみましたが。

心なしか、もんきち先生が怒って見えるのは私だけでしょうか(目が怒ってるsweat02

                                                 .

--------------

                                                                                                           .

ちなみに、私もすっかり忘れていたのですが。

このもんきち先生。
お腹の所を押すと『プピッ!』という、小さな子供サンダルの笛と同じ音がします。

し:『もんきち先生、ごめんよぉ~sweat01

と、あわててバスタオルで拭いていたら。

もんきち先生は、『プピッ!』と小さく音を立てたのでした。
(やっぱり怒っていたのね・・・。)

-------

何はともあれ、鑓温泉。

0923_6

素敵な所ですので、是非皆さんも足を運んでみてくださいね。

(現在発売中の、山と渓谷・PEAKSにも掲載されています。)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←ランキング1位まで、あともう少し!応援ポチコをよろしくね♪
にほんブログ村

2010年9月24日 (金)

白馬山荘日記 本日の最低気温 -0.8℃!!

“根性なしっ!”と、呼んでくれて結構。 しろぷーです。皆様こんにちにゃ。

                                                     .   

何の話かって。
そりゃもう寒いんですわ。
だって今朝は『初氷』観測しましたもん。

                                                     .

あ゛ーーーーーーーッ!
寒いッ!!
寒くてもうやだっ!

それなのに、ここの仕事が終わったら、テン泊ライフを考えているワタシ。

ちなみにただいま15時の気温=5・9度。

今日の最低気温は、-0.8度でした。

------

いえね、先月はよかったんですよ(そんなに寒くなかった)。

し:『わぁ~~♪ 毎日テントだ、自炊だ、嬉しいな、っと♪』

なぁんて、計画立てているだけで、小躍りしてたんですわ。

でも、この寒さになると一気に“やる気なしなしモード”に。

もともと寒いのは、大嫌いな私。
寒い日となれば『もう今日は、コタツの中にいよーーーっと。』的な人である。

そんな私が、野宿だなんて(しかもこの寒空)。
果たして、しろぷー頑張れるのか??

乞うご期待!(自分でも)。

---------------

昨日の夕方。
何日かぶりに夕方晴れました。

そして今朝になれば、向かいの朝日を浴びて剣岳もくっきりと。

ガスもなく、『よし!今日はいい天気だっ!!』と

業務日誌に、今日の天候を書く私。

 

                                                    .

                                                    .

 

でも・・・・・。

朝食が済んだ頃から、なんとなく薄曇。

お天道様は、見えませんでした。

                                                    .

用事を済ませ、受付に戻れば日誌の天候欄は、この通り。

0924_1

・・・・・・(-_-;;)

                                                   .

もちろん犯人は、なかまっきー(支配人)です。

もう、これを見た私は大爆笑。

その時、丁度タイミングよく来た支配人。

                                                    .

し:『 “ だろ は、いらないじゃないですかっ!』

って言ったら、なかまっきー、

                                                     .

支:『今日は、晴れじぇねえだろォー。こう言うのはな、“高曇り”って言うんだよっ。』

し:『ほほぅ、高曇り・・・・。でも、この後 晴れないかな~♪(←晴れ を消された悔しさ)』

ちなみにこの業務日誌は、二枚複写。
二枚目は、本社に送られます。

何回見ても、大爆笑。

本社の皆様。
書いたの、私じゃないからねーーー。

                                                                                                                       .

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 最高に楽しいなかまっきーとの山荘ライフもあとわずか。
にほんブログ村  応援ポチコをよろしくね♪

白馬山荘 山荘スタッフの後立山縦走・その4(完結編)

昨日の夜。

酔っ払った時だけ(!?)褒めてくれる、なかまっきー(支配人)。

な:『おぅ。あのブログ、おもしろいってよ、先生が。』

は?何のことやら??さっぱりの しろぷーです。皆様おぱようございます。

“先生”と言うのは、ある有名な山岳写真家の先生のことでした。

この白馬の高山植物のお花も、沢山撮って下さっている先生です。

そんな先生までもが、このブログを読んで下さっているなんて!

(しかも、こんな拙い写真の数々・・・あとアタシのおやつとか・・・ ぁぅsweat02

いやぁ、本当にうれしいものですなぁ~heart04

白馬岳に、まだ来たことのない人も。

白馬岳に来て、懐かしくこのブログを見てくれている人も。

かつて白馬山荘で働いていた皆さんに、

白馬岳を知り尽くしている、プロの方々も。

(それと わざわざめがねを持ち出して、毎日読んでくれているモモ母さんも。)

皆に読んでもらえて、本当にうれしい しろぷーです。

皆様ありがとうheart04

今日も頑張って更新しますっ!!

ハイ、今日はしろぷーの縦走・完結編です。

---------

   
五竜山荘で、48時間ぶりに熟睡した私。
でも、残念なことに外は雨と霧。

朝ごはんを食べ、身支度を整える。

残念だけど、ここからエスケープルートで降りることに。
そう。
楽しみにしていた八峰キレットから扇沢へ抜ける縦走は、ここで断念。

すごくすごく、行きたかったけれど。
友人達からも『天気予報からして、下山案が無難。』と
心配のメールが届いていた。

                                                     . 

八峰キレットは、次回にね。今日は、遠見尾根からの下山ルートで決定です。

となると、五竜山頂へも行く気にならず(次回行けばいいや)。

玄関前で、パチリ。

0916_68_2 

晴れていたら、大町まで一望できると言う この席も今日は静かです。

0916_70

五竜山荘のスタッフさん達にご挨拶して、さくさくと降りていきます。

ハイ、分岐点(たかちゃんが撮ったもの。私は撮影意欲も沸かず)。

0916_71

そうそう。
大事なことを忘れていました。

今年は、山の木の実が少なくて、富山県側も長野県側も石川県でも、
『熊出没注意報』が出ています。(ニュースでやってた!)

樹林帯に入ると、とたんに怖くなるワタシ。
持ってきた鈴は小さくて、音が響かない!
(もっと大きいの持って来ればよかったweep

仕方なしに、歌を歌う。

歌う歌う。

こんな景色の中。天気のいい時のそれとは、大違いだ(歌っていても、かなり寂しい)。

0916_74

ようやく見晴らしのいい分岐点に到着。

テンションだだ下がりの“濡れねずみ” しろぷー(ただの子供)。

0916_72

この頃まで、“八峰キレット、行きたかったねぇ。”と残念がっていた二人。

雨はさほど強くないし、霧もさして濃くはない。

でも、五竜山荘~五竜岳~八峰キレット~冷池山荘まで行かねばならぬ、となると

晴れていたら行けたであろうこの行程も、雨となると神経も使うし

時間的に厳しいだろう、と言うことで断念したのだ。

                                                                                                                 .

でも・・・。

しばらくすると、こういう天気の時には嬉しい人工物(テレキャビン乗り場)の姿が!

0916_73

こうなると、下界での時間が一気に楽しくなってきます。

(ヨーグルトと、ミルミルと、牛乳が飲みたい!)

(あ!あと果物も食べたい!!スイカと桃、まだ売ってるかな~。)

(とにかく、あったかい温泉入りたいっ!)

(お腹すいた。早くラーメン食べたい。)

とか、欲望(本能?煩悩?)のかたまりの様な私。

歩みも、一気に早くなります。
一気に降りて。

0916_75

私にとっては、6月の上山以来の『乗り物』に乗って。
街に下ります。

そして本社に寄って、寮に行き。
濡れねずみ二人組は、着替えてお昼ごはん。

皆様からすると、なんてことない風景(!?)でしょうが。

0916_76

『暖かい台所で、ご飯を作る。』事が、最高に幸せだったりします。

普通こんな光景、写真に撮らないよねぇ。
でも、そのくらい嬉しかったのです。

                                                    .

我慢できず、台所で食べているわけじゃないのョ の図↓

0916_77_2

お山の上では、沸点が低いからラーメンも煮えにくく、
つい“お山時間”で作ってしまうから、ただいま味見中。

ゆったり暖かい部屋で食べる、ラーメンの美味しいこと。

0916_78_2

(あぁ、もうこの辺りで縦走録でなく、またもや ただの食ベログに・・・sweat02

その後、近くの温泉『みみずくの湯』に入り、最高の瞬間。

0916_80m

湯船に浸かって、二人して出た言葉は

『やっぱ雨の日には、温泉だよね~。
 雨の日の山登りは、苦行でしかないよね~。』

と、とても『キレットにいけなくて残念!』とか、数時間前に

言っていた人の台詞とは思えません(笑)。

再び部屋に戻り、二人が大好きな牛乳を飲み(山の上では飲めない生牛乳)。

0916_79          たかちゃんが1L、しろぷーは500ml。

ぬくぬくのお布団に入り(下界のお布団も、同じ柄・笑)。

0916_81_2

お蔭さまで、最高の縦走をすることができました!

お世話になった五竜山荘のスタッフの皆様(遅めの到着でごめんなさい)、

山ですれ違って、お話に花が咲いた皆様。

このブログを読んで、ご自身の山登りを思い出してくれている皆様。

どうもありがとうございました。

どれも、素敵な縦走の思い出となりました。

これだから、やっぱり山は辞められない。

山に出会えて、本当に良かったなぁと書きながら思う しろぷーでした♪

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←やっぱり楽しい山荘日記。書くのも皆様のコメント読むのも大好きheart02

にほんブログ村

2010年9月23日 (木)

【速報】 白馬山荘日記 今日の夕焼け

さぶいよ、さぶいよ。真冬の天気の白馬岳から、しろぷーです。

今日の気温4度。最低気温1.5度。

ずっと三日間雨だったけど、ようやく夕方晴れました!

0923_1

明日は晴れるかも。

でも、すっごくすっごく寒いです。

これから北アルプスに登られるお客様。

防寒着だけはしっかりと。

夕飯前の腹ペコしろぷーでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←応援ポチコもよろしくね。
にほんブログ村

白馬山荘日記 山荘スタッフの後立山縦走・その3

し:『ねぇ。髪の毛さぁ、もう丸坊主にしたいとか思っちゃわない?』

た:『思う思う。めっちゃ、うっとーしー!』

し:『そう。ここ一番!っていう慎重に渡りたい時に
   風であおられたりすると、ほんとに危険だしね。 
   頭洗っても、犬みたいに“プルプルプルッsweat01”で済むような髪型にしたいよ。』

た:『うん うん。』

                                                                                                               .

と、オンナを捨てたような会話をしたとか、しないとか。
(思いっきりしてた。)
しろぷーです、皆様おぱよう。

だってね、だってね。
暑い時は首にまとわりつくわ、首筋につけば毛先はちくちくするわ、
風がきつければ、口に入るわ 視界を遮るわ。
もうこの時期なら、雨が降れば濡れて乾かなくて寒いし、
暑い時はそれだけでうっとーしい。
(誰にもぶつけられない不満を、ここで爆発)

それでもなぜ髪を切らないかって言うと。

“山のために髪まで切ったら、ほんとにオンナを捨ててしまいそうになるから”

です。
イメチェンしたくて、短く切る分にはいいんですよ。
でも『山行』の為に、短くするのは自分的には ご法度。
これでも精一杯、オンナ捨てない様に気をつけてるしろぷーの
山荘ブログ、本日も元気にスタートです!

(だからお母さん、私の写真見ても、頭クシャクシャannoyとか怒んないでね♪)

-------------

                                                     .

不帰の剣。二峰。

やっとの思いで登り終え、小休止。
頭ではわかっていたのだが、気持ちがすーーーーっかり忘れていた、“三峰”。
皆の口にも、あまり上らないんですよね。

まあ危険度で言えば、二峰が上でしょうから それもわかるのですが。
こういう気の緩む時こそ、事故が多いもの。

滑落事故の多い所は、実は鎖場・梯子ではなく
それらの終点の、ごく平らな場所。
危険でもなんでもない、そういった場所で気が緩んで
なんでもない小さな石や岩につまづいたりふらついて滑落事故、と言うのが
実はとっても多いのだそうです。

三峰も、気をつけなくちゃ。

って事で、また下って登ります。
でも、こんなに登ったり下ったりを続けていると
怖さから、楽しさへと変わっていきました。

し:『ねぇ、楽しくない?』

た:『めっちゃ、楽しいよ!(←このヒトは最初から)』

慎重に、でも楽しみながら、無事に三峰も通過。
次に目指すは、唐松岳です。

二峰の頂上から、ぱらぱらと降り出した雨は、霧雨へと変わり
視界を暗くさせていきます。

でも、(縦でない)道の歩きやすいこと!
ずんずん歩いていけます。

そして道の先に、唐松山荘を発見!
ほ~んと、視界が悪い時の人工物って嬉しいものだよなぁ。

0916_62

でも雨が本降りになりそうだったので、ここはそのまま通過。
大きくて、綺麗な山荘でした。

で、本日4つ目の山・唐松岳に到着。

こんな静かな山頂も、

0916_61

私たちが入ると、こんな賑やかしい雰囲気に(え、私だけ?)

0916_60_2

そして下る。また下る。

もう鎖場は、大してないと思っていた私たち。

『牛首』が、まだあったsweat02
しかも雨。

『はいはい、下りますよ。下ればいいんでしょgawk

と、半ば降参気味に(それでも慎重に)下ります。

ハイ、ここも無事通過~。

                                                    .

し:『なんかさ、これってスーパーマリオとかのアドベンチャーゲームみたいじゃない?』

た:『うん、なんか次々仕掛けが、出てくるしな。』

と、言いながら、ひたすら歩きます。
雨はしっかり本降りに。

0916_63

大黒岳を越える辺りから『まだかな、まだかな。』と思う二人。

先を歩く私の『見えたよ、五竜山荘が!』って言葉を
ずっと待ちながら後ろを歩いていたと言う、たかちゃん。

『あったよ、見えたよ 山荘が!』って早く言いたくて、先を歩く私。

最後の方は、雨の中、ただ無言でひたすら歩いていました。

前を歩く私の足元に、鳩が見え

( あーーー、鳩かーーーー ・・・。)

                                                .

って思いましたが。

し:(ん???イヤイヤ、こんなトコに鳩なんておらへんて!)

と、自分にツッコミを入れました。
そう、雷鳥さんです。

0916_64

ね?鳩みたいでしょ?(雷鳥先生、ゴメンナサイ。)

                                                                                                                   .

静かにしている所を邪魔され、『なんだよぅannoy』と言わんばかりの雷鳥先生。

0916_65

雷鳥さんを鳩と思ってしまうほど、頭は五竜山荘のことで一杯でした。
(バテバテではなかったけど。)

『雷鳥が見たい♪』というたかちゃんのリクエストは、ここでも叶えられました。
雷鳥を撮るたかちゃん。

0916_66

白岳を越え、すぐさま見下ろせば、やっと待望の景色が。
五竜山荘の赤い屋根です!

0916_67

し:『たかちゃん、あったよ!もうすぐだよ!』

ひとまず先に歩いて、急いで受付の手続き。
二人で自炊して、スープを飲んだら。

大イベントの時は、いっつも一睡もできない私。

                                                  .

初めての甲斐駒の時も、そう。
六甲山全山縦走の時も、そう。

昨日も結局、一睡もできずAM4時にそのまま起きたんだった。

お腹が一杯になって、体が温まったら途端に眠くなって。

PM21時。

五竜山荘さんの心配りか『白馬』の間に泊めて頂き
しろぷーは落ちるように眠りに着いたのでした。

                                                                                                                                       .

つづく。(次回は完結編)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←応援ポチコも是非!!(てらちゃんのお友達も、私の友達も!)
にほんブログ村

2010年9月22日 (水)

白馬山荘日記 山荘スタッフの後立山縦走・その2

あのモモちゃんの変なポーズは、『雷鳥さん』なんだって。
白馬山荘のしろぷーです、皆様おぱよう。

(詳しくは、20日の日記を見てね。)

------

連休明けでお客様もまばら、暴風の白馬山荘の受付に座る私。

PCを傍においていたら、受付を済まされたお客様が

『ブログ、いっつも読んでいるよ~。あの三人組は、おもしろいねぇ。』

ですって。
至極真面目に、そして(上品なつもりで)館内の説明をした後に
ブログの事を言われると、とてつもなく恥ずかしい。
上品ぶっているのが、バレバレだも~んcoldsweats01

そんなわけで、こっち(ブログ)が本性のしろぷー日記、
本日も、始まり始まり~♪

-------

杓子岳を下って、今度は白馬鑓。

『下らずに、そのまま次の頂上へ行けたらいいのに~。』

と、それではもはや頂上ではなくなると言う 世間的な突っ込みはナシにして
少々ぼやきながらも、再び登り始める二人。

0916_29m_2

振り返れば、杓子の綺麗なトラバースルートと、その向こうに白馬岳。

0916_20_2
私達スタッフがいつも見ている風景と、逆の構図が新鮮です。

雲に向かって、登るたかちゃん。

0916_21_2

AM8:20. 程なく二つ目のお山・白馬鑓ヶ岳に到着。

0916_22_3 

ここで軽く、朝ごはん。
昨夜、自分で作ったおにぎりと寺ちゃんの作ってくれたコロッケもパクリdelicious
これで元気が出ます。

次に目指すは、天狗山荘。
またまた未知の世界ですshine

0916_23_2

道標って、みつけるとすごく嬉しいもの。
安心するし、元気も出ます。

0916_24_2

道すがら、天狗から来た男の子に撮影を頼まれました。

“ユウキくん”は、丁度同じ時期に屋久島に行っていた事もわかり、
すっかり意気投合。
この山荘ブログを紹介して、一緒にパチリ(ユウキくん、見てる~?)。

0916_26_2

た:『今度、また山で会おうね!誘うからね!!』と、言って別れを告げる。
(本当に私ら、誘うからね~smile

ふぅ。今日は、まだまだ道のりは遠いゾ。

0916_25_2

ご飯を食べて、再出発。天狗山荘には、1時間後に到着。

お天気もまだ晴天。気分も上々。

0916_31_2

雪渓が、涼しさを醸し出しています。

0916_32_2

お。

そしてなにやらここにも、涼しそうな光景が。

0916_33_2

雪渓と冷えたジュースって、似合うなぁ。

0916_34

ここで軽く、おやつ&トイレ休憩。

天気も良ければ、お調子にも乗っちゃいます。

『究極のストロー。』 (注 ※ 間違ったハイドレーションの使い方。)

0916_35

・・・ハイ、では次に天狗の頭を目指します /(_ _*)。

振り返れば、まだ白馬岳が手を振ってくれている様で。

0916_36
前を見れば、天狗の頭。

緩やかな坂を上り、約10分で到着。

0916_38

(山頂の標識を見ると、抱きつきたくなるのは私だけ?)

                                                    .

さあ!
次は“天狗の大下り”です。
この頃から、長野県側から霧が上がってくるのですが、
富山側から風が吹いているので、霧が稜線を越えずに済んでいます。

0916_37

ほい。これが天狗の大下り。

0916_39

この名前、かなり好きです。天狗さんが『たーっぷり下らせるでー。』って言っている様で。

だって、『下り』じゃなくて、『大下り~!』ですもんね。

ガッツリ下ってガッツリ登るのが、誰の目にも明らかな風景。

0916_41

『はーーー、下って登るかぁ。』と、腹を括り。

下ります。

0916_40
ずっと右手に剣を眺めながら、下ります。

0916_42
そしたら今度は登ります(文体が、小学生レベルsweat02
そう、不帰の剣に入りました。

しろぷーも登る。

0916_43
たかちゃんも登る。

0916_44

そして不帰の剣一峰に到着。

0916_45
ここはまだ、大丈夫。

ハイ下って。

0916_49
下って。

                                                                                                                       .

そして二峰。
見るからに険しそう。

0916_46

私は鎖場は好きですが、“縦(つまり断崖絶壁)”の鎖場は好きではありません。
だって、怖いもん(ただ純粋にweep

0916_48

どうでもいいけど、このイラストってジャンプしてるようにしか見えないんだけど・・・。

0916_47
(でも、かわいくて笑える。)

そんなことを思いながら、登る、登る。

普通に見上げて、この“縦”よ。

0916_51
登ります。

0916_50

横を見れば、この景色。なんて高さだ。

0916_54

ふと、この景色を見ながら思い出す。

8月の最盛期、このコースの状況を常駐隊のYさんに
尋ねて来ていたお客様のことを。

常駐隊のYさんは、コースの状況や渡り方、
危険な場所や必要な装備について、丁寧にお話されていました。
(ここは普通の軍手では、すべるので危険です!)

---------

殆どの人は、天気がいい日はスタッフや常駐隊さんに
何も聞きません(雨が降ると、天気の質問、が一気に増えます)。

でも、常駐隊の皆さんは毎日この山を歩いています。
登山者だけでなく、私たちが尋ねても とても親切・丁寧に
登山道の状況・危険な場所での渡り方を、教えてくださいます。

北アルプスには8月の最盛期、それぞれの山に常駐隊のパトロールさんが
私たちの安全のために、ずっと山にいます。
(任期が終わるまでは、下山しません。)

皆さんも、心配なこと・山に関してわからないことがあれば
気軽に常駐隊の皆さんに尋ね、安全で楽しい山登りをして欲しいなぁと
しろぷーは思います。

--------

話を戻して。

その柔和で穏やかそうなKさんだけでなく、

し:『男の人って一人でこういう所登るの、心細くないのかなぁ。』

などと思いながら、また目の前の鎖に手をかける。
私は一人で山登りをしても、この先もこういう断崖だけは一人で渡りたくないなぁ・・・。
(なんつって、そのうち一人で登ってたりして。イヤイヤ、それはない ( ̄- ̄lll)

                                                    .

私が好きな一枚。

たかちゃんは、“千と千尋の神隠し”に出てくる“釜じい”の様な
長い手足を使って、ひょいひょい登って行きます。

(彼女は高所恐怖症じゃない。すなわち“縦”だろうが、恐くも何ともない。)

0916_52

ひたすら登って

0916_55

さる状態。(ウキッ。)

0916_56

もんきち先生も、ザックのポッケから心配そうに見守る中・・・、さる 渡る。

0916_57

さる、登る。

0916_58

さる、まだまだ登る。

0916_59

で、おさるとたかちゃん、ようやく二峰に到着(あっ。既にペンネームが変わりつつ・・・sweat02)。
ここでは看板を撮るのが精一杯。

0916_60
雨も少し降り出してきたので、急いで下って三峰へ。

                                                     .

二峰はかなりの断崖です。
鎖はしっかりあるので、慎重に行けば登れますが
雨・強風だったら、危険度は一気に増す道です。

本当は怖いのに、何故か登りたい私。
その理由が、自分でもよくわかりませんが。
登れるうちは、登ります(笑)

で、明日も続きます。明日は穏やかな唐松への縦走録です。
お楽しみに~♪

                                                    .

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  ←現在第二位!がんばれ、アタシ!(モモ家族もご声援ありがとう~♪)
にほんブログ村

2010年9月21日 (火)

白馬山荘日記 スタッフ・しろぷーの後立山縦走 その1

もう、そんなに怒らなくったって いいじゃないっ!!の、しろぷーです。
皆様こんにちにゃ。

何の話かと申しますと。

昨日から猛烈な風が吹いていて、もううるさくて眠れないくらいですわ。
今日も寺ちゃんと喋っているのに、『え?ごめん、(風が)うるさくて聞こえないわ。』
って感じで。部屋の中なのに。

お蔭で皆、昨夜はあまりよく眠れていません。

アタシよりうるさいなんて。(←これが怒る基準!?)
許しがたい風でございますangry

------------

9月15日。

しろぷーと、大阪の友人・たかちゃんとで、後立山縦走です。
4時に起きて準備して・・・。
たかちゃんは、屋久島で友達になったシモン君と御来光を見に頂上へ。

本日のご来光~sun

0916_1
で、私はブログとか準備をしていると・・・

夜明け後、すぐにヘリの荷揚げをすることが決定。

そう。
三日前から飛ぶはずのヘリが、ここ数日の悪天候でずっと飛べずにいたのです。
急遽、無線係となり(つまり仕事~)。

ちなみに以前のこのブログを見ていた たかちゃん。
『ヘリの荷揚げが見たい!』と言っていたので、大喜び。

たかちゃんがご来光帰りに撮った写真。

0916_2

何回見ても、かっこいいものです。私は漫画の『岳』を思い出します。

0916_3

と、働くワタシ。(たまには仕事しております)

0916_6_2

ちなみに私とヘリポートの無線の交信を、モモちゃんたちは五竜山荘で

聞いていたそうです。(無線は各山荘に一斉に入るので。)

出発は遅れて、AM6:10に。 お約束の山荘前でパチリ。

0916_4_2 

『とにかく下山したら、連絡してな。』と、やたら心配そうに見送るシモン君。

0916_7

(その心配をよそに、ゴキゲンで出発~happy02の私達)

それでは元気に、行ってきます!!

                                                     .

昨日と違って、今日は杓子・鑓までよく見えます。

0916_8

もくもくの雲海って、好き♪

0916_9

雲の上を歩く たかちゃん

0916_10

さぁ。まずは目指すは、杓子岳!

0916_11

丸山の稜線から、下って左を見上げると。

“私達のおうち”が、遥か高くに見えました。

0916_12

この時間は、大雪渓もよく見えます。

0916_13

大雪渓からは、朝の8時頃から大抵ガスが上がってきます。

ここに長くいると、そういうことも覚えてきました。

0916_14

毎回思うけど、すごい所にあるもんだなぁ・・・。

0916_15

天気予報どおり、午前中はいいお天気のようです。

そして、杓子岳の頂上へ。しろぷーも初めての場所です。

0916_16

ここは、砂礫ばかりの上り坂。足をとられて登りにく~いsweat01

そしてAM7:20.杓子岳頂上に到着~!

0916_17_2

頂上に着くと、うれしいねぇ~。

で、早々に次を目指します。二つ目は、白馬鑓!

0916_19

『トロ~リ~!』 『オーー!』って感じで、登る私(すっかりいつもの体育会系)。

まだまだAM8時前。これから、長い縦走が続きます。

---------

ところで昨夜。

極暑の大阪から、ストーブがついているこの白馬まで来たたかちゃんは

たいそう寒がりまして。すぐさま布団にもぐる始末。

た:『わぁ~!しろぷーが布団祭りした布団だぁ。』

と、喜んでくれました。

誰かが喜んでくれると、うれしいものですね。

0916_28

                                                     .

つづく。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 写真の加工だけで、ゼエゼエ・・・。応援ぽちコもヨロピクね♪

2010年9月20日 (月)

白馬山荘日記 山荘スタッフ・三人娘の後立山縦走録

今日は一日霧の中~。しろぷーです。皆様こんばんにゃ。

今日は連休最後の日。昨日までとは打って変わって静かな山荘。

久しぶりに午後休憩をもらって、カチカチカチ。山荘ブログの更新です!

--------------

9月14日・AM 5;30.

しろぷーは鑓温泉に日帰り縦走。

モモちゃんといわもっちは、五竜山荘まで初縦走!

出発前に、ハイ・ポーズ。

0915_1_2

ちなみにいわもっちの持っているポットは、置いていきました。

---------

外はまだ薄暗く。朝焼けの中のスタートです。

0915_4

元気に歩く山ガール三人。

0915_3

杓子の手前から、雨が降ってきたのでレイン装備を。

0915_5

『ふがーーーッ!』とか言いながら、カッパを出す私。

靴を履いたまま、ズボンを履くだの、履かないだの。

やいやい言いながらの装備タイム(でも、いわもっちは無言。一番早かった。)

杓子・白馬鑓のピークはトラバースして、てくてく歩く。

そして鑓温泉への分岐点で、しろぷーと別れた二人。
コースタイム通り、20分くらいで天狗山荘に到着。
トイレ休憩をして、ここでおやつを食べ。

この辺りで雨も止み、いざ不帰の峠に向け出発!

不帰の剣は、一峰(北峰と南峰)二峰、三峰とあります。
用心しなければいけないのは、二峰と常駐パトロールのYさんが言ってたっけ。
気を引き締めて、登りだす二人。

なのに・・・。

いつもお昼寝タイムのモモちゃんを起こす携帯の目覚まし時計が
断崖を登っている時に『ピロピロピロ~♪』と鳴り出して。

こんな所でザックを開けることも出来ず。
ずっと音楽が鳴りながら、登り続けるモモちゃん。
緊張と大真面目な時だっただけに、二人ともだんだんおかしくなって
笑いが出たとか。

モ:『でも逆に変な緊張感が取れて、入り過ぎていた肩の力が抜けて
   気持ちよく登れた。』

と、二人でうなずき合っていましたが、わかる様なわからない様な。
(皆様にお勧めはしません。)

で、頂上について一休み。

0915_12
ホッとした表情が受け取れます。

0915_13

ここでもこの人は、オモシロイ(なぜカメラのフタ??)。

0915_15_2

この後、二峰・三峰と無事に通過して、唐松岳山頂に到着。
二人とも、笑顔でぽーず。 この時は、こんな天気。

0915_10

そしてここでもこのヒトは、こんなにオモシロイ。

0915_9

ハイ、もう一丁♪ (モモちゃん、これは何のポーズ?)

0915_8

そして唐松山荘に到着。で、お昼ごはんを。
おやつに視線が釘付けのいわもっち。

0915_16_2

唐松山荘さんは、改築されたそうでとても綺麗でした。
ここで休憩をしてから、さあ、目指すは五竜山荘。

唐松を超えてから、まだ続く鎖場・牛首の崖。
雨が少し降り出してきて、岩が濡れて滑りやすいから
『ここが一番怖かった!』と、言っていました。

ここもようやくクリアして、後は登ったり下ったり。
いわもっちは沢山の雷鳥さんに会えて、ご満悦。

0915_7

それでも五竜までは、結構長く。疲れが見えるいわもっち。

0915_14

もう少しだ、ガンバレ!

---------------

そして無事にコースタイム通り、15:30分五竜山荘に到着!

五竜山荘は、アットホームな雰囲気の山荘です。

0915_18

おやつに目がいく(!?)二人~☆

0915_17

五竜山荘の『山・酒Tシャツ』は、なかまっきーと現支配人・くまさんのデザインとか。

大人気商品です。

0915_19

お土産品を楽しそうに見るいわもっち。

0915_20

この日は、五竜山荘の皆さんと夕飯を食べ、熟睡。

お二人とも、お疲れさん♪

--------------

翌日は晴れて五竜岳山頂へ。

0915_21

五竜岳から、白馬岳が見えて最高にゴキゲン♪

0915_26

頂上で、はしゃぐ二人(はしゃぎ方は違うが)。

0915_22

0915_24

キレットは次回にお預けね?

0915_23

この後、遠見尾根をゆっくりと下り、無事に下界へ降り立った二人。
温泉に浸かったり(これでもかっっ!て言うくらい洗ったと言う)
みねむーの車で日本海に行ったり。
下界の生活を、満喫した二人。
終始楽しい休暇だったようで、下界で私と再会した時も満面の笑み。

楽しい楽しい後立山縦走&下界ライフでした。

--------------

それにしても。

下界で会って、写真を見せてもらったら。

おいしそうなカニの写真が。

0915_25

し:『・・・ねぇ。それで私に日本海の、カニのお土産は??』

二人:『あ。思い出しも、しなかったcoldsweats01

ですって。(ひどくない?)

                                                 .

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 明日は、しろぷーの縦走録です(同じコースですが皆様読んでね♪)

          応援ぽちコもどうぞよろしく。

2010年9月19日 (日)

白馬山荘日記 本日は大忙し!!

寒いよ、寒いよ。しろぷーです。皆様こんばんにゃ。

今日は、連休二日目。

白馬山荘は大忙しです。

で、今日はここ最近の中ではもっとも寒くて。でも、とってもいい天気で。

お客様もニコニコ顔です。

忙しくって、モモ&いわコンビの縦走録が書けない~~~~っ!

皆様、しばしお待ちを。

------------------

お客様からのリクエスト。

白馬岳からの星空です。

『空マイスター』と私が呼んでいる、オクちゃんから画像を頂きました。

(私のカメラと根性では、寒い夜に撮れませんのでcoldsweats01

ただ一言。

綺麗です。

一人で見るのはもったいないほどの星空です。

0915_6

今日は、オクちゃんが私の大すきな小田さんの曲をかけていました。

疲れた今日の私には、とっても癒されました。

肩甲骨の中が痛いよォ(疲れが溜まっている)。

でも、がんばります!

だって、疲れて到着したときの気持ち、痛いほどわかるから~(笑)

今日も笑顔のしろぷーでした。

(今夜は宿題(ブログ執筆)、頑張ります!)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村  ←応援ぽちコもよろしくね。しろぷーの心の支えです♪

« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ