« 白馬山荘日記 アルバイト生、揃って下山。 | トップページ | 白馬山荘日記 涸沢~穂高岳山荘 »

2010年11月 1日 (月)

白馬山荘日記 小梨平~横尾~涸沢

人呼んで“ひとり言大魔王”の しろぷーです。皆様こんにちにゃ。

上高地・小梨平でテント生活をしていた私に、モモちゃんからメールが。

                                           .

モ:『しろぷー。テントの中でも山ン中でも、ひとり言いいながら頑張ってる~?』

                                           .

さすがにテントの中では 言いませんが。

よく“誰かに話しかけているように”ひとり言をいっている、と指摘されます(笑)

                                                                  .
そして今は、ひとり言を呟かない分 ここで一杯お話してます(爆)

それでは書けなかった分の日記、ジャンジャン更新していきます!

-----

2010・10月8日(金)高曇り

横尾のキャンプ場を出てからは、左手に紅葉のナナカマドの木立の隙間から
屏風岩を眺めつつ、最高の景色を堪能しながら歩きます。

すっかり下界人となり、明神池で岩魚の塩焼きを食べたり、
梓川の景色を堪能したりして、天候&紅葉&風邪の回復を待っていた私。
なんとなく、久しぶりに歩く涸沢までの道のりが意外にしんどかったりして(笑)。

それでも道行く沢山の人に『ご褒美が待っているよ。』とか『今日が最高だよ』と
言われ、頑張って登りました。

山の頂からではない、涸沢カールの紅葉。
はじめてみるそれは、とても綺麗なものでした。

1007_2_2

嬉しさ満点の、ワタクシです。 

白馬のお山の上からの景色も、新・表銀座を縦走しながらの景色も
そして涸沢カールからの景色も。

どれも私にとっては初めての景色。
ただひたすらに感動です。

残念ながら、先日のデータ消去事件により、沢山の写真がなくなってしまったので
ここからの景色も、少しだけ。
(もっと一眼レフで、撮っておけば良かった

この時期の涸沢カール名物・色とりどりのテントも、みるみる増えて行き
賑わいを増していきます。

20101008_2m

でも、この後 天気は午後から下り坂。
8・9日と殆どテントから出ることなく、トイレに行く以外はひたすら寝てました。
(特に9日の暴風雨は、台風並みの凄さだった)

停滞を余儀なくされる。

山には、自然には 逆らえません。

時間がたっぷりあってよかった、と思うしろぷーでした。

-----

追伸:

ここで初めて“たぬき岩”の存在を知った私。
ほんとに“ポンポコたぬき”で、可愛かったー♪
(もちろん写真撮ったけど…今はデータなし。ぐすん

                                              .

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←せっかく撮った写真がなくってかわいそうに・・・。
にほんブログ村 って思ってくださる方、慰めのポチコをお願いします。

« 白馬山荘日記 アルバイト生、揃って下山。 | トップページ | 白馬山荘日記 涸沢~穂高岳山荘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。