« 白馬山荘日記  全てがここに繋がる | トップページ | 白馬山荘日記 2010年 最後のごあいさつ »

2010年11月 5日 (金)

白馬山荘日記 最後の夕焼け

バナナ大好きしろぷーです。

 みなさま今晩にゃ。

私が山荘バイト中、かなり食べたかったのが『生フルーツ』。

お客様用のフルーツ(オレンジ)はヘリで上がってきても、バナナは上がってきませんでした。

しろぷーはスイカとバナナは大好きなので、今は動物園のお猿のように
小腹が空けば、バナナばっかり食べています。

それではバナナを食べる時は、心の中で“バナナ最高ッ!”って
言いながら食べてる しろぷーブログ、本日も元気にスタートです。

------

2010・9月23日

                              .
   
それまで何日も濃い霧と風と、時折雨も降られていた白馬の山。

私達も下山日が近いのに、山頂にお散歩することもできません。

『このまま晴れずに、下山になっちゃうのかな・・・。』

 
そんな会話も聞こえるほど、霧で視界の悪い毎日。

寒くて寒くて、外に出る気もおきません。
                              .
   
そんなお天気で、今日も一日が終わろうとしていた夕暮れ。

少ないお客様達も、この寒さと夕食前と言うこともあって、誰も外に出ていませんでした。

ところが、一気に霧が晴れてオレンジ色の夕日が旭岳の後に顔を出しました。

                              .
し:『キャー!綺麗。 主任、寒いけど最後だから行ってきますっ!!』

                              .
と、オクちゃんの了承をもらって、ヘリポートに出てみると。

最高の夕焼けが待っていました。

夏の夕日は、旭岳の左肩に落ちます。

20101105_1

右肩の雲海も、綺麗に染まって(私は結構、これが好き)。

20101105_2

最高の夕焼けを眺めていると、モモちゃんもカメラを持ってやって来ました。

                             .

20101105_6

し:『モモちゃんも、撮りに来たの?』

も:『うん!でも さぶッ! さぶッ。』

                                             .

とにかく標高2800mに吹く風は、都会の真冬の二月並みの寒さなのです。

山頂がオレンジに染まる様を 眺めるモモちゃん(寒そうな気配が伝わってくるでしょ?)

20101105_2m

大気の冷たさ・澄んだ空気のお蔭で、最高の夕焼けなのはわかっているけど

半端じゃなく寒い
                             .

モ:『しろぷーー!寒いよーーーッ。 でも綺麗だよーーー!』

し:『うん、綺麗な景色が最後に見られて嬉しいよーーーッ!でも寒いよーーーッ。』
                             .

天気が悪くて、ずっと小屋にカンヅメになっていた私達は、

最後に綺麗な夕焼けを見られたこともあって、二人で大はしゃぎ。

寒い寒いとギャーギャー言いながらも、シャッターを押し続けました。

“頑張って”静止して、シャッターを切るモモたんと(もう勝手に手が震えるの・・・)、

20101105_7

夕日に染まる白馬山荘(撮影:モモ)

20101105_9

モモちゃんの仕事場・スカイプラザレストラン。

窓ガラスが、夕焼け空を映し出して。

20101105_12

しろぷーの仕事場・1号館の受付。

と、あまりの寒さに しゃがんでいる私達二人の影(笑)↓

20101105_8

夕焼けは、日が落ちてからの方が空は赤く染まります。

20101105_14

雲が上にあれば、更に最高。空は赤く焼けてくれます。

20101105_15

しばらく夢中でシャッターを切り続けていると。

背後からモモちゃんの声が。

                                             .

モ:『しろぷー!しろぷー!!助けてーーッ!』

何事かと思って振り向けば、視界にモモちゃんはいなくって。

なんと ここにいました↓

20101105_4

し:『モモちゃん!何やってんの??』

寒さとハイテンションで、大爆笑している私とモモちゃん。

モ:『わからへん!でも起き上がれない~~~~。助けて~~。 』

                                             .

何で突然ここに寝そべっているのか、全くわからないのですが。

爆笑しながらシャッターを押し続け、ちっとも助けない私(笑)。

そんな私を見て、笑いながら それでも起き上がれずにもがいているモモちゃん。
(ひっくり返ったカメのようでした)

20101105_5

そしてようやく起き上がると

『あかん!もう耐えられへん!』と、受付になだれ込み。

20101105_11

                                                     .

本当は、下山を前にしてちょっぴり寂しい気持ちもあったのですが、二人共

そうなってしまうと切ないから…という気持ちも、どこかにあったのかも知れません。

傍から見たら、こんな綺麗な夕暮れなのに ゲラゲラ笑っている二人って

さぞかし不思議だったことでしょう。

でも私達の山荘最後の夕焼けは、絶景と寒さと大爆笑のうちに暮れていったのでした。

                                                      .

20101105_3m

-----

山荘ブログも、いよいよ明日で今シーズンは最後となります。

明日も、どうぞ読んでくださいね。

しろぷーでした!

                                             .

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←モモちゃん、今夜も見てる~?応援ポチコはここをクリックしてね♪

« 白馬山荘日記  全てがここに繋がる | トップページ | 白馬山荘日記 2010年 最後のごあいさつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カフェ・アルピニストさんへ

はい、山の上でもキャンプ場からでも、そして降りてからも
ブログ漬けの私でした(笑)。

でも、だからこそ得られた出会いや嬉しいコトも沢山あったので
最後まで続けて本当によかったなと思っています。

この仲間達がいたからこそ、おもしろいブログが書けましたし。
(特にモモちゃん・笑)

きっと一生続く仲間達だと思います。

本当に宝石のような、キラキラした時間でした。

山荘バイトをして、よかったとしみじみ思います。

しろぷーさん こんにちは!

今シーズンの白馬山荘日記も終わりということで
いつも楽しみにしていましたので淋しいですね、

私も十年前の下山(小屋締め)の時のおなごりおしい
気持ちがよみがえってきます。
今でも白馬山荘に遊びに行けばイザキングさん、
オクちゃんが温かく迎えてくれます・・・・
なぜかホッとできます。
当時の白馬山荘スタッフとは、いまでも連絡をとりあい
良い友人になっています。

山の出会いって本当にいいですね。
しろぷーさんも山の出会い、仲間大切にしてくださいね!

この記事へのコメントは終了しました。

« 白馬山荘日記  全てがここに繋がる | トップページ | 白馬山荘日記 2010年 最後のごあいさつ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ