« すごい一日 | トップページ | 白馬山荘日記 まだまだ山に登りたし! »

2010年11月 2日 (火)

白馬山荘日記 しろぷー下界へ(そして極楽~♪)

いやもう何もかもが驚きで。しろぷーです、皆様おぱよう。

下界の下界、上高地から松本に降りてきて ホテルにチェックインしたら。

                                                 .

し:『わぁ~、ゴミ箱がある♪(山小屋の部屋にゴミ箱は無い。)』

し:『コンセントがいっぱいある~~~♪(山小屋の部屋に、コンセントは無し。)』

し:『わぁー!どっち向いても電波が入るぅ~♪(山の上は電波が弱い。)』

挙句の果てに、トイレで使用済の紙を入れるゴミ箱を探す始末。

もう、田舎もんを通り過ぎて“サル化”していた自分に気がつきました。

(あな、おそろしやcoldsweats01

-------

2010・10月17日(日)

新島々までバスで降りたら、そこには今年白馬山荘に来てくださったHさんが。

実はこのHさん御一行、私が知る限り白馬山荘の自炊場で 

今シーズン最高のご馳走とも言える夕食を、作られていた方々でした。

たまたま従業員部屋に行こうとした私を呼び止め、お酒を勧められたのが

きっかけですが(勤務中ですし、下戸の私はお気持ちだけ頂きました。)

“降りて来た時には、一献しましょう。”と言って下さり、

社交辞令ではなく、本当にお誘いくださったのです。

                                                .

そしてお昼はHさん行きつけのお蕎麦屋さんへ。

ここからがすごい。

お膳には、Hさんが採ってきてくださった松茸三昧。

松茸の土瓶蒸しに、すき焼きに、ホイル焼きに、天ぷら。

全てにこれでもかっ!!ってくらい大きな松茸がどっさり。

1027_17_2

ちなみにこれは、すき焼き用の松茸↑この特大サイズの松茸が全てのお料理に・・・。

1027_18_2

そして〆は、“初めて本物の更科そばを食べた気がする!”と思った、感動の更科そば。

1027_19

更科蕎麦は、軽くお塩をつけて食べると 新そばの香りが引き立って最高!

引きぐるみの新蕎麦と共に、もちろん完食~♪

他にも、煮物やらきのこの和え物やら、数え切れないくらいのお料理が。

もう、これ以上水一杯さえも入らない!ってくらいのご馳走を、よばれました。

どれくらいすごいか、って言うと。

食べ切れなくて、松茸を残したほどです。

ね?すごいでしょ?

Hさん、きさくさん、本当にありがとうございました。

--------

で、ここで終わらないのが、すごいところ。

夕方は松本のお魚がおいしいお店屋さんに再び集合。

ここでお昼間は乗鞍岳にお出かけしていた、Oさんと合流。

三人でのお食事です。

                                             .

で、ここでもすごい。

松茸がたっぷり入った松茸酒に始まり、お刺身・土瓶蒸し・天ぷら・ホイル焼き、

おいしい佐賀牛との土鍋蒸し焼きに・・・・と、再び松茸づくし。

人生で、こんなに松茸をたくさん食べたのも(半端じゃない量でした)、

キャンプ生活でのインスタント食ライフから、一気にご馳走へのギャップの激しさも

もう何もかもが凄過ぎて、思わず

し:『なんか、罰が当たりそうな気がします・・・coldsweats01

とさえ、思えたほどでした。

(ほかの白馬山荘のスタッフの皆様、ワタクシだけごめんねーーーー!)

お話も、山小屋談義から、北アルプスの山々の話、お二人の武勇伝、

お二人の漫画『岳』にそのまま出てきそうな話など、時の経つのも忘れるほど。

美味しくて楽しくて、思いもよらない楽しい下界での時間。

そして、ホテルまで送って頂き、もう喉元まで松茸の入った体で

ふかふかのお布団に入り、ひろ~いベットで寝られる幸せ。

し:『下界ってこんなに幸せだったっけ??』

と、勘違いしてしまいそうな、素敵な一日でした。

------

                                             .

この日に限らず。

白馬山荘を離れてから、お客様に会える喜びは

筆舌に尽くし難いものがあります。

                                              .

ただ過ぎ行く一瞬の時を共有しただけなのに、再び出会えた瞬間に

一気に距離が縮まる感覚。

それは、このブログを含めてなのかもしれませんが、

メールなどの媒体よりも目の前にして“会う”ことで、互いのオーラ(気)を

受け取っているのかもしれません。

それは何回写真で見る山よりも、実際に歩いて登って到着した

お山のてっぺんからの景色を見た時に感じる、山から受け取るあのエネルギーに

近い気がします。

白馬に住めただけでなく、それ以上のたくさんの出会いや感動。

“もらい過ぎ”と思えるほどのHappyを頂けて、全てのお山と皆様に

感謝している おさる化しているしろぷーでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ←さぁ!再びランキング。がんばりまっす!

« すごい一日 | トップページ | 白馬山荘日記 まだまだ山に登りたし! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すごい一日 | トップページ | 白馬山荘日記 まだまだ山に登りたし! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ