« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

白馬山荘日記 雨の上高地 ・2

徳澤園さんは、なかまっきーやモモちゃんが言うとおり、『ホテル』のような山荘です。

ハイ、3日の追稿のしろぷーです。

締め切りに追われる編集者のようです(肩と目が痛い)。

強制でもなんでもないのだが、どうしても書き上げたい一心で。

なんでかな~。

では3日に時計を撒き戻してお読みください♪

------

2010 10月3日(日) 曇りのち雨

                                                                                     .

まずは前夜・2日の夕餉から。

予想を超える、ご馳走でした。

20101002_12

なんと夕飯はステーキ。そして野菜のうまみがギュッて詰まったお野菜が沢山♪

“お替りガール”したことは、言うまでもありません。

この日は久しぶりにお風呂に入れて、ゴッシゴシ洗ってご馳走食べて。

縦走を終えた満足感も加わって、すんごいシアワセ気分を満喫した夜でした。

-----

                                                .

そして朝食。

胃袋に優しいメニューと味付けで、これまた大満足でした。

20101003_1

朝から満腹♪で、宿を出ます。

20101003_2

『TOKUSAWA-EN』が、やたらカワイイ 

一応、記念写真(かなりご満悦な お宿だったので)

20101003_3_2

この徳澤園さん。

インテリアに、李朝の家具とか骨董の焼き物とか

かなり私好みのものが飾ってありました。

とっても素敵なお宿です。

-------

で、元は牧場だったというお庭を眺めながら てくてくと歩いて梓川へ。

空はどんより重く、霧雨が降っていました。

20101003_4

それでも楽しい散策路(今日は、登山て感じじゃ ないもんね~。)

ニコニコ歩いているうちに、穂高神社・奥宮の前まで到着。

この日、この時だけ 空から光が差し込みました。

20101003_5

本当は奥宮まで行きたかったんだけど、天気がいまいちですので

先を急ぐことに。

ほどなく上高地に着いて、キャンプ場に受付を済まし、郵便局で荷物を受け取り。

河童橋周辺を、少しだけ歩いてお買いものをして。

お洗濯ものをして、テントの中でおとなしくしていました。

(元気は出てきたけど、咳がすごかったので)

                                                 .

し:(今夜は早めにご飯にして、早く寝よう。)

                                             .

などと思っていたら、お隣でテントを張っていた6人組の皆様が。

Y:『よかったわぁ~。若い人が来てくれて。食材が余るほどあるの。

  今日は一緒に食べましょ?お箸も何も要らないからね。遠慮しないでね!』

                                            .

と、誘ってくださったのです。

------

『箸さえも要らない。本当に何も用意しないでね。』

と、何度も言われた私は、そのまま有難くお言葉に甘えて。

夕飯をご一緒させて頂きました。

                                                 .

聞けばYさん達は、もともとは山岳会のメンバーだそうで。

Yさんご夫婦は、南アルプスに惚れて、甲斐駒ヶ岳の見える麓に移住をされたとか。

またSさんご夫婦は、私の故郷・横須賀出身ということもわかり、

話に華が咲いて、おいしくて満腹で、笑ってばかりの一夜となりました。

------

翌日には、『よければ貰って。』と、これまた山ほどの食材を頂き、

『南アルプスに来る時は、宿代わりに使ってね。お友達も泊まれるからね。』

と、お電話番号の書かれたメモまでいただきました。

                                             .

お山に登っていなかったら、これほどたくさんの方と出会えたり

お話しすることも ないでしょう。

寒さも含めて、皆に心配されまくった上高地でのキャンプ生活。

実はちょっと不安でもあったのですが(やっぱりオンナ一人でテン泊はいろいろと怖い)

ホッとしたと同時に、楽しそうな日々になる予感がしたのは

言うまでもありません。

                                            .

明日からいよいよ上高地からの日記です。

写真が劇的に少ないけれど、また読んでくださいね。

まだまだお山の、しろぷーでした。

                                                .

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←やっと上高地の写真が載せられた・・・(ゼイゼイ
にほんブログ村  しろぷーを応援してくださる皆さん!ここをクリックしてね~♪

白馬山荘日記 雨の上高地

2010 10月3日(日) 雨

                                                .

皆様二日ぶり!元気に下山のしろぷーです。こんばんにゃ。

今朝、徳澤から上高地へ降りてキャンプイン。

で、雨が降っています。

テントの中まで、浸水してきたらどうしよう・・・。

と思いながら、対策もテキトーでこのブログ更新してます。
(いいのか?それで。)

ただひとつ問題が。

充電って結構簡単にさせてもらえると思っていたら、10分100円!!

たかっ!!

(白馬山荘より高い!)

山の上ならわかるけど、(私的に、ここはもう下界・・・)ちょっと高すぎて

充電できな~い!

あ~ん、一杯書きたいのに~~~。

ただだけ一つ。

いえ、二つだけ。

                                               .

まず一つめ。

燕~蝶ヶ岳のコースは、最高でした!

                                            .

で、もう一つは。

テント装備並みに重い私のザックを担いでの縦走だったのに、

下山してお風呂で体重はかっても、1gも減っていなかった。

そんなに食べていないのに。。。

                                                    .

なぜ減らない??

どうして減らない??

貴重な電池を使って、一番書きたかったのが、これってワケね(私)。

でもなんでだ???

(すごく悔しい

-----

明日は充電方法を、検討してみます☆

紅葉を狙って、一人で涸沢へ行こうかと検討中。

もちろん小屋は狭いから、テント担いで。

いよいよ行けるか?テント担いで山登り。

今はすっかり、まったりモードで行く気も失せているしろぷーですが。

明後日以降に、乞うご期待!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←電池あったら、写真も載せられるのに~~~!くやしいっ!
にほんブログ村

白馬山荘日記 新表銀座縦走・3 常念から徳澤へ

一日経てば、気持ちは前向き。 こんばんにゃ、いつものしろぷーです。

昨日のデータ消去から、一日が過ぎ。

『悔しいから、同じくらい綺麗なブロッケンを見るまで 登り続けてやるーーーっ!』

って事で、自分の気持ちに決着(!?)をつけました。

                                                                                                  .    

そう。

頑張っていっぱい登ったら、神様はいつかまたご褒美をくれるはず。

だからまた、登ります。

いっぱい いっぱい 登ります。

(ブロッケン見たさでなくとも、登るという話もあり)

-------

で、数少ない一眼レフの写真を取り込むために、DVDの読み込み機とか

カードリーダーとか、二日に渡って買いに走った。

そしてようやく、データが取り込めたので再びアップ。

新表銀座縦走の日記・追稿です。

------

                                                                                                      .

10月2日(土) 快晴

この日も、最高のお山日和。

朝ごはんを作っていても、楽しいです。

早めに朝食を済ませ、頂いた風邪薬も飲み、いざ目の前の常念岳へ。

低血圧の私には辛い、寝起き早々の急登登頂です(笑)。

.

砂礫の多い道を登っていくと、左を見れば  朝焼けと共にお日様が。

右を見れば、長い自分の影の先には北アルプスの山々が。

暖かくとも、地面には霜柱。

白くなった道を登っていきます。

-----

し:『あぁ、あの上は山頂かな。』

と思って頑張って登るも、偽ピーク。

期待した自分にがっかりしながらも、笑いも出て。

ここでちょっとだけ休憩。

そしたら一昨日から一緒の宝塚のTさんとFさんも。

『山頂かな、って思ったわよねぇ~。』

と、同じように思ったらしく、三人で笑いながら綺麗な朝日を見ていました。

                                              .

こういう天気のいい日って、最高!

これから始まる一日が最高の一日になる、と約束をされた様な朝は

それだけで嬉しくて、テンションも上がります。

                                              .

し:『こんないいお天気の日に こんな高い所にいると、

  “あぁもう、ずーーーーっとお山の上にいたいっ!”って、思っちゃいません?』

.

と、普通に聞いたら 少し間をおいてから、お二人に大爆笑されちゃいました。

二人:『若くて元気があるって、いいわねぇ~。』

ですって。(※ 若くもないし、この時は風邪気味で 元気もなかったのだが・・・)

お風呂さえ(洗髪さえ)我慢できたら、それこそずーーーーっと山の上にいたい。

常念の山頂手前で 心からそう思った時、

.

し:『あぁ、そうだ。 そう思ったから、山荘バイトをしようって思ったんだ。』

.

と、特別悩んだわけでもなく 一大決心をしたわけでもなく

“お山に行きたくてたまらない”から、仕事を辞めて山荘バイトに来たことを思い出した。

------

                                                  .

最高の朝には、最高の景色が待っていました。

1030_20_2

昨日より体が元気になっていただけでなく、この常念岳からの景色は

なぜだか とても嬉しかったのを覚えています。

                                                .

でも、このお山ってどこでしょう。真ん中にあるお山↓

右手に裏銀座、蝶ヶ岳方向を前方に見た写真ですが・・・。

(自分で撮っておきながら、わかりません

20101002_1

どなたか、お分かりになる方 しろぷーに教えてください 

------

そして今日も歩きやすい、快適な稜線をてくてくと。

蝶槍まで歩きます。

すれ違う登山客も少なかったのですが、これだけいいお天気なら

一人で歩いてても ゴキゲン♪

ニコニコです(きっとニコニコしながら歩いていたと思う・・・)。

で、お腹もすいて お昼ご飯は横尾への分岐点で。

広くて見晴らしがいいけれど、誰もいません。

ここで、一人自炊する  しろぷー。

おいしいカレーうどんを頬張り、横尾への道を下りました。

-------

そして私が。

蝶ヶ岳のピークを踏まず、横尾への道を選んだワケは。

ただ一つ。

『長塀尾根の方が、樹林帯が長い』から。

そう、なんと言っても熊が怖い私。

怖くて一人でそんなに長時間、歩けません

(少しでも、短い距離で済ませたい。)

                                               .

天気は良くとも、ゴキゲンでも。

熊が怖いことには、変わりなし。

あんまり誰にも会わない物だから、一人でホイッスルをピーピー鳴らしながら

ものすごい勢いで下っていると。

ようやく人の声がして。

槍見台に着きました。

                                            .

し:『あーー!よかったーーもう一人で降りてきて、ものすごく心細かったんですぅ 』

.

と、休んでいたおじさん達に 分岐点から誰にも会わなかった心細さを告げると

『君かぁ。笛を吹いていたのは。なんか音がするなぁと、思っていたんだよ。』

と、思いっきり笑われました。

そしてホッとして、目線をむかいの山に向ければ。

憧れの屏風岩が、真正面に。

                                           .

し:『わぁ!!本物の屏風岩だーー!絵の通りだ!そっくりだ!』

と、興奮して漫画・『岳』の画の上手さに改めて感動しました。

                                             .

そう。

屏風岩。

かっこよかったです。

                                            .

Yシャツ姿のおじさん達は、下から上がってきたそうで 今日は観光。

でも、そのうちのお一人は昔、あの屏風岩を登っていたそうです(ロッククライミング)。

そんな心和らぐ楽しい会話も、山の中での出会いならでは。

そして、西の空を見ると。

雲の切れ間から、光が射し込み。

20101002_10

こんな景色に出会えた時。

雲にこんなに近い場所から空を見られる幸せを、一際感じます。

----

それからは、クマの心配も消え 一気に楽しい下山道(←なんてゲンキン

そして横尾に、無事に到着。

トイレを済ませ、横尾大橋の写真を誰かに撮ってもらろう・・・と

悩んでいると、さっきのおじさん御一行が。

迷わず、シャッターをお願いしてしまいました。

20101002_7

いつものポーズはお願いしたとおりですが、

20101002_8

ツッテケテー

20101002_9

ツッテケテー♪

と降りてる姿まで撮られていたとは、知りませんでした(笑)

                                               .

横尾から徳澤までは、梓川を愛でながらの散策路。

楽しくって、ニコニコしながら歩いていました。

そしてお宿は、憧れの『徳澤園』。

ご褒美の夕餉を前に、広々とした芝生を前に おやつタイム(いつものハーバーと珈琲)。20101002_11_2

風邪を引いてしまったものの。

お天気も、景色も最高で、出会えた人々にも嬉しくって

私にとって、最高の縦走と・最高の三日間となりました。

------

そして、これはまったくの偶然なのですが。

しろぷーのお昼ご飯の時。

おいしそうなカレーうどんを作っていたら。

.

もんきち先生が、ものすごく“前のめり”で食べたそうにしているではありませんか!

(迷わず、シャッターを押しました。)

20101002_2

                    (先生、かなり前のめり・・・

海苔も入れて、七味も振って・・・・完成!と思いきや、

20101002_3

先生、本気で食べたそう・・・(全身で訴えている)。

20101002_4

でも出来上がったカレーうどんは、槍に“頂きまっす!”と、ご挨拶して一人占め 

20101002_5

『もんきち先生に、カレーのお汁が飛んでは大変!』とザックのポッケにしまったら

                                                  .

もんきち先生は、すねてしまいましたとさ。(明らかにそう見える)

20101002_6

とっても歩きやすい新・表銀座コース。

お天道様が笑っている日の縦走が、お薦めです♪

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←さぁ!日記もラストスパート!応援ポチコはここをクリックしてね♪
にほんブログ村

2010年10月30日 (土)

白馬山荘日記 表銀座縦走・2 燕~常念へ

いろいろ撃沈のしろぷーです。皆様、こんばんにゃ。

なにが撃沈かっていいますと。

                                 .

写真のデータを、間違えて消してしまいましたm(T_T)m

                                .

いえ、いいんですよ!?

常念岳や、常念小屋。奥穂に前穂。上高地の絶景に、徳澤園のご馳走。

全部我慢します(無理やりにでも)。

でも、一番最後に行ったお山から見えた、これまで見た事もないような

素晴らしいブロッケン現象。

この写真が消えてしまったのが、最高に悲しいです。

私にとって、はじめての小屋泊まり(全て小屋食)での、最高にシアワセなひと時の

写真とかも、ない。

凹みすぎて、頭痛がします。

ひとまず、今日写真加工が出来た分だけ、アップします。

明日には復活しておきます(気持ちの話ね)。

---------

2010年 10月1日(金)

そんなわけで常念小屋から、しろぷーです。皆様こんにちにゃ。

そう。

ここまで足を伸ばしちゃった。

エヘ。

今朝の話・燕山荘さんの朝から。

朝は咳も重くて、このまま撤退!中房で温泉!?
縦走も最初から仕切り直し・・・とか、とりあえず大天井荘まで・・・
とか、ぐるんぐるん頭の中で考えていました。

昨日の天気から一転、綺麗なご来光。

1030_1

皆、外に出て待ち構えています。

1030_17

白馬山荘で、毎日見ていたからご来光に関しては贅沢病になっていると思います(笑)。

それでもやっぱり綺麗。写真に収めたくなっちゃいます。

1030_2

裏銀座の山々に、表銀座の山の影が映って。静かな朝の始まりです。

1030_3

モルゲンロード。日が昇るにつれ、うっすらとピンク色に染まっていきます。

1030_18

私にとって燕岳で、一番好きな朝焼けはこれでした。

1030_4

朝食後、荷物をデポして、ひとまず燕サンの山頂へ。

1030_5

山頂までの道で、振り返ると燕山荘さんが小さなおもちゃのお家のように

可愛く建っているのが見えます。

                                             .

空身なのにしんどく、なんとか山頂に到着。

1030_19

このお山の頂の印は、カワイイ感じで好きです。

そして笑顔とは裏腹な、体調の悪さ。(熱があるので、ほっぺも赤い)

1030_6m

いつもなら“お茶のこサイサイ♪”な道でも しんどい。

(どうでもいいけど、↑最近聞かないぞ、このフレーズ。)

                                           .

し:『あーー。元気ならあの隙間にもんきち先生を置いて、写真撮りたいのにぃ。』

とか思いながら、すんなりと通り過ぎました(次回はするぞ。)

1030_10

さて。

問題はこの後、行くか戻るか停滞するか。

し:『ザック担いでみて、決めよう。』

そう、ザックを担いだら、この先自分が長い行程を歩ききれるかどうか
自分の体が一番よくわかる。
無理のない、素直な判断ができます。

山頂から戻ってトイレに行って、死ぬほど重いザックを担いだら・・・

                             .

し:『行ける・・・・♪』

そんなわけで、予定通り進むことに。

そういえば、以前友人に

『しろぷーは、ザック担ぐと元気になる。普通は逆やで!?』

と言われた。

そうか。そうだよね。

でも多分単純な脳みその私は、“ザック=遠足”で、遠足気分の子供と同じなのだろう。

今日は、ここ二週間の中でも最高の山日和。槍の上にも、雲一つありません。

1030_7

出発することにした私に、もんきち先生も心なしか不安げなご様子・・・。

1030_11

元気だったらここで少し景色を楽しんでから出ていたでしょうが、今日はゆっくり進むので

もう出発です。

1030_12

それでも、槍を見ながらずっと歩けるこの道は、最高ッ!

1001_3

少し歩いて振り返れば。可愛い燕山荘さんが、やっぱりおもちゃのお家のようで。

尾根沿いの山小屋って、いいですね。

1030_9

風もなく、寒くないこんな日は、急いで歩いちゃもったいない。

右手の山々を眺めながら、左手の雲海を眺めながら、ゆっくりと歩きます。

そして槍ヶ岳が綺麗に見えるポイントまで到着。

そこで休憩していたおじさんに、シャッターを頼む。

『それは、何のポーズ?』と聞かれ、

し:『槍のポーズ!』

と、元気よく答えたら笑われました。

  1001_2

でもこのポーズ。

私がそう答えて撮ってもらったら、横にいた出発しようとしていた山ガールも

『私もそのポーズで、もう一枚だけ!』って、背負ったザックを下ろして

もう一枚撮っていました。

(“剣より高く”に続き、お薦めのポーズです

-------

そして景色を堪能しながら、無事大天荘に到着。

ここでお昼ご飯にすることに。(またまたラーメンを作りました。)

燕さんから大天井を通って、常念小屋へ。

昨日から一緒の、宝塚から来られているTさんとFさん。
今日はここのお部屋も一緒です。

そしてなんと先月、白馬山荘にもいらっしゃったとか。

し:『私、受付にいたんですよ~!きっとその時お会いしていますね♪』

なんて、また会話も弾み。

だるかった午前中は、どこへやら。
最高の縦走となった一日でした。

ご褒美は、友人ゆくチャンのお友達がくれたフィナンシェとコーヒー。
もんきち先生もホッとしたご様子。
(今日は、目が怒っていない。)

1001_4

表銀座を歩いていても、沢山の人から
『この間、白馬岳行ったよ!』なんてせりふを聞くと、とても嬉しくなってしまう。

やっぱりあそこはホームグランド。
最後にまた、大池とか行きたいなぁ・・・なんて考えてみたり。

明日も晴れそう!
明日もわくわくのしろぷーでした!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←他の山荘で、(こっそり)ブログ更新しているしろぷーに応援ポチコを。
にほんブログ村 (常念小屋のお姉さんは、100円で快く充電させてくれました・ありがとう)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ